剪定管理いろいろ2011

和田です、和田健次です。本格的な冬が始まって落葉樹の落葉も大分落ち着いてきました。
毎日寒さに震えながら暖房器具の傍から離れられない日々を過ごしています(笑)
私がまだ幼い頃、秋も深まり冬が始まるこの時節はこれからやってくるであろう寒さに
陰鬱とした気分で迎えていましたが…
近頃は冬が始まる寒さや寂しさ、侘しさも
「悪くない」と感じるようになってきました。

紅葉が始まる頃から匠庭店では年間管理など、個人邸や社屋のお庭の剪定を行う業務が中心となります。(外構工事も手分けして行っています)
そんな訳で、今回は私達の剪定の様子を紹介です。

庭木はお客様のご要望を取り入れ、私達からも助言を行い…独善的な仕事にならないようにお客様と
「一緒に」お庭を育てていきたいと思いながら管理業務を行っています!

ただ剪定を行うのではなく掃除も切った枝は当然として、溜まった落ち葉なども含めてしっかりと行います。

作業終了後に綺麗になったお庭をみて、笑顔になるお客様の顔を見るのが何よりの幸せです!
足元まで綺麗になっていると樹木の健康状態の確認や、害虫の発見なども容易になるので匠庭店では剪定と同じ位に掃除にも拘っています!

年末まで、あともう少し!
みんな怪我がないように!
Y氏も最後まで気を抜かずにブログの更新をしましょう(笑)

岐阜市、各務原市のお庭の剪定管理は匠庭店にお問い合わせ、ご相談くださいませ!!

前の記事

雪吊り2021