個人邸(K様・多治見) 外構工事 その4

Y氏です、いよいよ秋も深まってきました。
こうなると松茸を筆頭とする秋の味覚を貪る覇気に満ち溢れてくる衝動に襲われます(笑)

前回に続き多治見のK様の外構工事です!
前回お話したように今回は土間コンクリート(洗い出し)打設を行ったようです!

今回の現場には「谷本組」の中井さんにご助力いただいて進行しています…有り難き話です。
コンクリートを流す前に再度、型枠の確認です!

写真は数日間のモノですがやっていることは同じです

さァ、ここからが本番!

そして、打設時には「黒木工務店」の黒木さんにも助力していただき打設が進行していきます!
2枚目の写真を見ると、ワタシには到底模倣ができないような動きをされています…!

打設後は全員で打設部分シートをかけていきます!ソ~っと!
皆様曰く、ここで手を抜くと「ワヤ」だそうです・・・「ワヤ」ってなんだろ!!?

この日はこれで終了だそうです、この日ワタシが思った疑問は通常の土間コンクリート打設と「洗い出し」では何が違うのだろうか?ということです!
親方に聞いてみたら凄く綺麗になる!と抽象的かつ自慢げに言われたので皆様にもお伝えできればと思います

岐阜市、各務原市の外構工事は匠庭店にお問い合わせ、ご相談くださいませ!!