蜘蛛の糸

古屋です、お久しぶりです。
寒い日が続きます!皆様も体調を崩さないようにしてください!!

本日は去年の話になりますが某所にて「雪吊り」を行うことがありました
雪吊りとは「積雪による樹木の枝折れを防ぐこと」を目的とした日本古来の技法です、もともとはリンゴなどの果実の重みで枝が折れるのを防ぐことが始まりだったそうです!!

複数の藁縄(ワラナワ)を丁寧に結んでいきます

私が柱の上に立って縄を下に居る和田などに投げるのですが…
芥川龍之介の「蜘蛛の糸」に出てくる釈迦如来になった気分です(笑)

私が釈迦役なら、和田やりくはさしずめ「カンダタ」か?(笑)
作業工程などは省きますが綺麗に仕上げることができました

本日はY氏が来ていなかったので私が撮影係だったのですが、完成写真を撮っていませんでした(汗)
今年も雪吊りは行う予定ですのでその時まで乞うご期待ということでお許しください!

岐阜市、各務原市のお庭のことなら匠庭店にお問い合わせ、ご相談くださいませ!!