社屋玄関 伐採伐根移植

Y氏です、天を仰ぐと8月も終わろうかとしているのに真夏の空ですねぇ。
皆様いかがお過ごしでしょうか、子供さんがいらっしゃる方はコロナウイルスの影響で行事が無くなったりしてお出かけが出来ず寂しかった方も大勢いらっしゃるのではないでしょうか?

そんな皆様の傷ついた(?)ハートを少しでも癒すことができるブログであればイイナァと勝手に壮大な妄想をしている今日この頃です

本日は全員で大垣にある近江リース株式会社様の社屋玄関にある植木の伐採と移植を行ったようです!

クロガネモチやツツジなどが大きくなりすぎて建物にも干渉する大きさになってしまったので伐採伐根を敢行!
2枚目の写真の多肉植物スペースは密度が濃くなりすぎたので伐根して空いたスペースに移植をします
重機が作業できるスペースがないので全て手作業となります!大変そう・・・

和田氏とりく氏で汗だくになりながらクロガネモチを何とか伐根成功!
・・・これだけで1時間半もかかってしまったようです、ワタシには難しそう(汗)

多肉植物の移植中…

移植だけでは寂しいので景石を配置してロックガーデン風に!

かなりスッキリして看板もしっかり見えるようになりました

決して大きな植木ではないのですが手作業で伐根まで行うと非常に大変と和田氏とりく氏が息を切らして申しておりました(笑)

お客様や業者様がいらっしゃる社屋なのでスッキリできて良かったとお施主さまにも喜んでいただけました!!
近江リースさま、この度はありがとうございました。

岐阜市、各務原市のお庭のことなら匠庭店にお問い合わせ、ご相談くださいませ!!

前の記事

時期外れの紅葉

次の記事

ウナギ釣り